元ネタ・サンプリング DJ Premier feat. Remy Ma & Rapsody – Remy Rap (2022) ヒップホップ生誕50周年を記念してリリース!

2020年代
2020年代D
スポンサーリンク

DJ Premier (DJプレミア)は、1980年代中期にGuruと共にラップデュオGang Starrを結成し、1998年の「Moment of Truth」がR&B/Hip Hopチャート1位を獲得するなど、現在までに7枚のアルバムをリリースしています。

また、プロデューサーとしてもニューヨークのヒップホップシーンの発展に大きく貢献し、Nas「N.Y. State of Mind」(1994)The Notorious B.I.G.「Ten Crack Commandments」(1997)などのプロデュースでも知られています。

そんな彼が、2019年に発表したGang Starrのアルバム「One of the Best Yet」以来の作品となるEP「Hip Hop 50, Vol. 1」(2022)をドロップ。

このEPには、NasLil WayneSlick RickJoey Bada$$などがゲスト参加して全5曲収録。

今回はこの作品から、Remy Ma (レミー・マー)Rapsody (ラプソディー)をゲストに迎えた「Remy Rap」(2022)をピックアップ。

ここでは、この曲の元ネタとEPについて解説します。

DJ Premier feat. Remy Ma & Rapsody – Remy Rap (2022)

スポンサーリンク

楽曲情報

DJ Premier (DJプレミア)
出身地 :ニューヨーク
生年月日:1966年3月21日
ジャンル:Hip Hop

Remy Ma (レミー・マー)
出身地 :ニューヨーク、ブロンクス
生年月日:1980年5月30日
ジャンル:Hip Hop

Rapsody (ラプソディー)
出身地 :ノースカロライナ州スノーヒル
生年月日:1983年1月21日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
Mass Appeal

プロデューサー
DJ Premier

元ネタ・サンプリング
The Fatback Band – Backstrokin’ (1980)

スポンサーリンク

“Remy Rap” 元ネタ・サンプリング

The Fatback Band – Backstrokin’ (1980)

元ネタになったのは、ファンクバンドThe Fatback Band (ザ・ファットバック・バンド)「Backstrokin’」(1980)です。

Perception Recordsと契約した彼らは、その夏に発表したシングル「Street Dance」でヒットさせ、1977年にFatbackに改名してシングル「I Like Girls」(1978)をリリースし、R&Bチャートで初のトップ10入りを果たしました。

1980年に発表したアルバム「Hot Box」は、R&Bチャートで7位を記録し、彼らのキャリアで最高位となり、このアルバムに収録された「Backstrokin’」はシングル化され、R&Bチャート3位を記録し、彼らの代表曲のひとつとなりました。

また、1999年にDr. Dre「Let’s Get High」でサンプリングしたほか、その他にも40曲でサンプリングされています。

Dr. Dre feat. Hittman, Kurupt & Ms. Roq – Let’s Get High (1999)

スポンサーリンク

ヒップホップの生誕50周年を記念してリリースされる

DJ PremierのEP「Hip Hop 50, Vol. 1」は、Gang Starrの曲「Mass Appeal」(1994)から由来して名付けられたヒップホップメディアMass Appealからリリースされました。

Mass Appeal「Hip Hop 50」は、2023年8月のヒップホップ50周年まで、今後10枚のEPをリリースする予定でSwizz BeatzMustardThe-DreamMike WiLL Made-ItNo I.D.Hit-BoyTake A DaytripTainyなどのプロデューサーが指揮を執るようで、今後の展開に期待が寄せられています。

また、DJ Premierは今作について「Hip Hop 50に参加することは、この文化を守るためにさらなる祝福となる」と明かし、制作までのプロセスを明かしています。

俺はMass Appealからアプローチを受けて、来年の8月11日にある(ヒップホップの)誕生日を祝うためで、10枚のプロデューサーEPを作りたいと言われたんだ。
最後の1枚が出るときはヒップホップの誕生日になり、50年になるんだ。
だから、このアイデアは気に入ったんだ。
それにNasはMass Appealの一員として関わっているし、Nasのためにも参加したかったんだ。
俺たちは長い間友情で結ばれているからね。
5曲ずつで、俺に始めてほしいと説明されたとき、クールだと思ったね。
2番目、3番目、4番目、5番目にリリースしたいとは思わない。
最初の雰囲気を作りたいんだ。だから、すでに考えていたよ。
ドープなブーム・バップにしたいんだ。
それが俺の得意とするところであり、俺が作りたいものなんだ。
だから、それに相応しいアーティストを集めることが重要なんだ。

豪華プロデューサー陣がクレジットされるMass Appeal「Hip Hop 50」シリーズから今後も目が離せませんね。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました