元ネタ・サンプリング Kool G Rap – My Life (2001) 世界的な人気を誇るサルサバンドをサンプリング!

2000年代
2000年代K
スポンサーリンク

ニューヨークのクイーンズブリッジを拠点とし、ラジオDJのMr. Magicによって設立されたラップグループのJuice Crew

グループにはMC ShanBig Daddy KaneBiz MarkieRoxanne Shanteなどを擁し、ヒップホップ黄金期を担ったといっても過言ではないでしょう。

Kool G Rap (クール・ジー・ラップ)もそのメンバーの1人で、1995年のアルバム「4,5,6」はR&B/Hip Hopチャート1位を獲得し、その後のキャリアを含めて、最もヒットしたアルバムとなりました。

その後、2000年にラッパーたちが警察の残虐行為に抗議するためにEP「Hip Hop for Respect EP」(2000)をリリースし、その中の「One Four Love (Pt. 1)」で最初のバースを務めたKool G Rapは評論家から絶賛されRawkus Recordsと契約。

2002年に、同レーベルから自身3枚目のアルバム「The Giancana Story」をリリース。

今回はこのアルバムからリードシングルの「My Life」(2001)をピックアップ。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

Kool G Rap – My Life (2001)

スポンサーリンク

楽曲情報

Kool G Rap (クール・ジー・ラップ)
出身地 :ニューヨーク、クイーンズ
生年月日:1968年7月20日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
KOCH Records
Rawkus Records

プロデューサー
The Mighty V.I.C.
Mike Heron

元ネタ・サンプリング
Fania All-Stars – Fania All Stars’ Cha Cha Cha (1976)

スポンサーリンク

“My Life” 元ネタ・サンプリング

Fania All-Stars – Fania All Stars’ Cha Cha Cha (1976)

元ネタになったのは、ニューヨークで結成されたサルサバンドFania All-Stars (ファニア・オールスターズ)「Fania All Stars’ Cha Cha Cha」(1976)です。

彼らは、キューバ音楽を愛するイタリア系アメリカ人の弁護士Jerry Masucciと、ドミニカ共和国生まれでサウスブロンクス育ちのフルート奏者で後にバンドリーダーのJohnny PachecoがニューヨークでFania Recordsを設立。

余談ですがJohnny Pachecoは、1960年代から1970年代にかけてニューヨークのサルサシーンを牽引する存在となり「サルサ」という言葉を世間に広めたとも言われています。

その後、彼らはプエルトリコ、シカゴ、パナマなど世界各国で公演を行い、世界最高のラテン音楽のパフォーマーと称されています。

そんな彼らのこの曲は、アルバム「Delicate & Jumpy」(1976)に収録。

Kool G Rapにサンプリングされた後、Keyshia ColeKRS-Oneにも使用されています。

Keyshia Cole – (I Just Want It) to Be Over (2005)

KRS-One – Just Like That (2011)

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました