元ネタ・サンプリング Machine Gun Kelly & Camila Cabello – Bad Things (2016) ロックバンドをサンプリング!

2010年代
2010年代M
スポンサーリンク

Machine Gun Kelly (マシン・ガン・ケリー)DiddyのHip Hopレーベル “Bad Boy Records” と契約。

2012年のデビューアルバム「Lace Up」は、R&B/Hip Hopチャート1位を獲得し、リードシングルの「Wild Boy」はクラブヒットとなり、全米中にその名を知らしめるナンバーになりました。

今回はそんな彼とCamila Cabello (カミラ・カベロ)とのコラボシングル「Bad Things」(2016)をピックアップ。

Camila Cabelloは、この曲でFifth Harmonyから本格的なソロ活動を始めるきっかけとなった曲となりました。

Machine Gun Kelly & Camila Cabello – Bad Things (2016)

スポンサーリンク

楽曲情報

Machine Gun Kelly (マシン・ガン・ケリー)
出身地 :オハイオ州クリーブランド
生年月日:1990年4月22日
ジャンル:Hip Hop

Camila Cabello (カミラ・カベロ)
出身地 :キューバ、ハバナ
生年月日:1997年3月3日
ジャンル:Pop

レーベル
Bad Boy Entertainment
Universal Music Group
Interscope Records

プロデューサー
The Futuristics

元ネタ・サンプリング
Fastball – Out of My Head (1998)

スポンサーリンク

“Bad Things” 元ネタ・サンプリング

Fastball – Out of My Head (1998)

元ネタになったのは、テキサス州オースティンで結成したロックバンドFastballOut of My Head」 (1998)です。

この曲は彼らのセカンドアルバム「All the Pain Money Can Buy」(1998)に収録し、リード曲の「The Way」はカナダのシングルチャート1位を獲得。

グラミー賞に2部門にノミネートされ、MTVアワードの最優秀新人賞にもノミネートされるなど、彼らの代表作になりました。

また「Bad Things」でサンプリングされたことについて、次のように明かしています。

超若者向けだね。
彼らは多くの言葉を書き換えて、意味を変えまくったんだけど、それは本当に革新的で最高だよ。

FastballThe Way(1998)

スポンサーリンク

終わりに

タイトル曲の「Bad Things」は全米チャート4位にランクインし、2人にとって初のトップ10入りを果たしたナンバーになりました。

そんなMachine Gun KellyCamila Cabelloについて、次のように明かしています。

プロデュースを担当したThe Futuristicsのスタジオで、オートチューンを使っていない、生の声を探していたんだ。
Camilaは真のボーカリストであり、素晴らしいライブパフォーマンスをするから、俺たちの簡単に決まったよ。
彼女が承諾するとすぐに俺たちは仕事に取り掛かったよ。

またCamila Cabelloも彼に対して、才能を感じていたことを打ち明けています。

Machine Gun Kellyはとても才能のあるアーティストで、この曲は私にとってものすごく魅力的な曲だったわ。
実は、別々にレコーディングすることになったの。その時はお互いにツアー中だったからね。
この曲は美しいと思うし、すぐ共感したわ。
良い女の子のキャラクターが、悪い男の子に対して否定できない感情を抱くという、無邪気さの美しさと矛盾を表現しているわ。

人気者で多忙な2人が別々にレコーディングしたにもかかわらず、お互いの才能を認め合っている様子が伝わってきますね。

この機会にオリジナルと聴き比べてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました