358. Kanye Westもプロデュース! Big Sean feat. E-40 – I Don’t Fuck With You (2014) 元ネタあり

2010年代
Big Sean feat. E-40 – I Don’t Fuck With You (2014)

Big Sean 
出身地 :ミシガン州デトロイト
年齢  :32歳
ジャンル:Hip Hop

E-40
出身地 :カリフォルニア州ヴァレーホ
年齢  :52歳
ジャンル:Hip Hop

プロデューサー
名前:Mustard
名前:Kanye West
名前:DJ Dahi
名前:Mike Free
名前:Key Wane

元ネタ
D.J. Rogers – Say You Love Me, One More Time (1976)

2015年に発表した3枚目となるアルバム「Dark Sky Paradise」からリードシングルとしてリリースされた「I Don’t Fuck With You

Big Sean – Dark Sky Paradise (2015)

Big_Sean_-_Dark_Sky_Paradise_(Official_Album_Cover)

シングル「I Don’t Fuck With You」 は「IDFWU」とも略されR&B/Hip Hopシングルチャート1位を獲得し、アルバムも全米アルバムチャート1位に輝くなどBig Seanの代表作にもなりました。

I Don’t Fuck With You」はD.J. Rogersの「Say You Love Me, One More Time 」をサンプリングしています。元ネタはこちら。
※「I Don’t Fuck With You」の0:19〜 「Say You Love Me, One More Time 」の0:10〜

D.J. Rogers – Say You Love Me, One More Time (1976)
 

カリフォルニア州ロサンゼルス出身のシンガー、プロデューサーとして活動していたD.J. Rogersの1976年リリースのこの曲。
彼の3枚目のアルバム「On The Road Again」に収録されており、アルバムは全米Soulアルバムチャート49位にランクインしました。
余談ですが2020年8月22日に72歳で亡くなっています。

Big Seanの「I Don’t Fuck With You」はまさにクラブバンガーで現在でも使われる程のヒット作となりました。またサビ部分では馬鹿な女とはS○Xしないなどと歌っていますw
イントロがサンプリングされていますが、プロデューサーにはKanye Westも参加しているので、彼らしさが出ていますね。

プロデューサーには先ほどご紹介したKanye Westの他に、Mustard、DJ Dahi、Mike Free、Key Wane
今回はDJ Dahiにスポットを当ててご紹介します。
Kendrick Lamarのセカンドアルバム「Good Kid, M.A.A.D City」に収録されている「Money Trees」をプロデュース。アルバムは全米アルバムチャート2位、R&B/Hip Hopアルバムチャート1位を獲得、UKアルバムチャートでも2位にランクインしました。またグラミー賞に4部門にノミネートされKendrick Lamarの名前を世界的に広げた作品になりました。

Kendrick Lamar feat. Jay Rock – Money Trees (2012)

DJ Dahiは2017年にはKendrick Lamarの4枚目となるアルバム「Damn」から「LOYALTY.」をプロデュース。この曲はアルバムからのリードシングルにもなっており、R&B/Hip Hopシングルチャート7位にランクインしました。アルバムは全米アルバムチャート1位に輝き、年間アルバムチャートでも1位、またグラミー賞に2部門ノミネートされ「Best Rap Album」部門で受賞しています。

Kendrick Lamar feat. Rihanna – LOYALTY. (2017)

このようにDJ DahiはKendrick Lamarの右腕とも言える存在になっています。他にもDrake、Travis Scott、21 Savage、Mac MillerなどHip Hopの主要人物の作品を手掛けることが多い人気プロデューサーの1人です。今後、Kendrick Lamarの作品クレジットには要注目です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました