元ネタ・サンプリング Snoop Dogg feat. Pharrell Williams – Let’s Get Blown (2004) エグゼクティブプロデューサーにThe Neptunesが抜擢!

2000年代
2000年代S
スポンサーリンク

90年代の西海岸ヒップホップの発展に大きく貢献し、数々のヒットソングを世に送り出してきたSnoop Dogg (スヌープ・ドッグ)

2000年代に入ってもそのペースは衰えることなく50 CentChingy、Swizz Beatzなどのラッパーとコラボレーションして活動の幅を広げてきました。

そんな彼が、2004年に7枚目のアルバム「R&G (Rhythm & Gangsta): The Masterpiece」をドロップ。

今作は、Bootsy CollinsLil JonCharlie Wilsonなどがゲスト参加しており、彼らしいバラエティー豊かなアーティストが並んでいます。

今回はこのアルバムから、セカンドシングルの「Let’s Get Blown」(2004)をピックアップ。

ここではこの曲の元ネタについて解説します。

Snoop Dogg feat. Pharrell Williams – Let’s Get Blown (2004)

スポンサーリンク

楽曲情報

Snoop Dogg (スヌープ・ドッグ)
出身地 :カリフォルニア州ロングビーチ
生年月日:1971年11月20日
ジャンル:Hip Hop
所属  :213, Tha Eastsidaz

Pharrell Williams (ファレル・ウィリアムス)
出身地 :バージニア州バージニアビーチ
生年月日:1973年4月5日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
Doggystyle Records
Star Trak Entertainment
Geffen Records

プロデューサー
The Neptunes

元ネタ・サンプリング
Slave – Watching You (1980)

スポンサーリンク

“Let’s Get Blown” 元ネタ・サンプリング

Slave – Watching You (1980)

元ネタになったのは、オハイオ州を拠点に活動していたファンクバンドSlaveWatching You」(1980)です。

この曲は、彼らの5枚目のアルバム「Stone Jam」(1980)に収録。

アルバムはR&Bチャート5位を記録し、デビューアルバム「Slave」以来初めてRIAAからゴールド認定されています。

またOdysseyAnderson .Paakなど、80年代から現在に至るまでの音楽シーンでサンプリングされており、サンプリングソースとしても知られる1曲です。

Odyssey – Inside Out (1982)

Anderson .Paak feat. ScHoolboy Q – Am I Wrong (2015)

スポンサーリンク

終わりに

今作がリリースされる前に、Pharrell WilliamsChad Hugo(The Neptunes)によるレーベル “Star Trak Entertainment” と契約を交わしたSnoop Dogg

そのためアルバム「R&G (Rhythm & Gangsta): The Masterpiece」(2004)は、The Neptunesがエグゼクティブプロデューサーを務めています。

またこのアルバムから先行シングル「Drop It Like It’s Hot」が全米チャート1位を獲得し、The Neptunesはグラミー賞「プロデューサーオブザイヤー」にノミネートされ、2000年代に入ってブレイクのきっかけとなる作品になりました。

この機会に元ネタと併せて聴き比べてみてはいかがでしょうか。

Snoop Dogg feat. Pharrell Williams – Drop It Like It’s Hot (2004)

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました