元ネタ・サンプリング 213 feat. LaToiya Williams – Another Summer (2004) アルバム制作にMissy Elliottが一役買う?!

2000年代
2000年代123
スポンサーリンク

Snoop DoggWarren GNate Doggがラップグループを結成し、オークランドのラップグループ “415”に敬意を表して名付けられた213 (トゥ・ワン・スリー)

またロサンゼルスの市外局番が “213” のために命名されたとも言われています。

そんな彼らのアルバム「The Hard Way」(2004)は発売初週に全米チャート4位にランクインし、R&B/Hip Hopチャート1位に輝きました。

今回はこの中から大ネタ使いの「Another Summer」をピックアップ。

この曲はKanye Westがプロデュースし、LaToiya Williamsの美しいコーラスが交わった1曲に仕上がりました。

スポンサーリンク

楽曲情報

213 (トゥ・ワン・スリー)
結成  :1990年
ジャンル:Hip Hop
メンバー:Snoop DoggWarren GNate Dogg

LaToiya Williams
出身地 :カリフォルニア州ロサンゼルス
生年月日:1976年9月23日
ジャンル:R&B

レーベル
Doggystyle Records
G-Funk Entertainment
TVT Records

プロデューサー
Kanye West

元ネタ・サンプリング
Eddie Kendricks – Intimate Friends (1977)

213 feat. LaToiya Williams – Another Summer (2004)

213 – Another Summer – The Hard Way
スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング

Eddie Kendricks – Intimate Friends (1977)

Eddie Kendricks – Intimate friends (HQ)

元ネタとなったのはアラバマ州エンズリー出身のシンガーEddie Kendricks「Intimate Friends」 (1977)です。

この曲は彼が設立したSoulコーラスグループ “The Temptations” から脱退後に発表した9枚目のソロアルバム「Slick」(1977)に収録。

「Intimate Friends」はこれまでに60曲以上でサンプリングされ、Common「A Penny for My Thoughts」(1992)や、Big Sean「Light」(2017)など時代を超えて愛されている名曲です。

Common – A Penny for My Thoughts (1992)

Common – A Penny For My Thoughts

Big Sean feat. Jeremih – Light (2017)

Big Sean – Light ft. Jeremih (Official Music Video)
スポンサーリンク

アルバム “The Hard Way”

この作品からリードシングルとして「So Fly」がリリースしていますが、これはメンバーのSnoop Doggが2003年に発表したミックステープ「Welcome to tha chuuch, Vol.2」に先行で収録しています。

この曲は、当時チャートを席巻していたMonica「So Gone」をビートジャックしたもので「So Gone」をプロデュースしたMissy Elliottは、この曲に非常に感銘を受けたと明かしています。

Monica – So Gone (2003)

Monica – So Gone (Official Video)

そこでMissy Elliottが手掛けたTamia「Can’t Go For That」(2000)のRemixに213が参加することを条件に「So Gone」サンプルの権利を譲ることに合意。

その結果213のアルバムから「So Fly」がリードシングルとなりました。

213 – So Fly (2004)

213 – So Fly

また213としてはこのアルバムを最後にNate Doggが2007年に脳卒中で倒れ、2011年に合併症で死去。

「The Hard Way」はグループの唯一のアルバムとなり、事実上解散となりました。

スポンサーリンク

終わりに

213「Another Summer」はいかがでしたでしょうか。

アルバムはMissy Elliottとの意外なストーリーが制作背景にあり、彼女の懐の深さに驚かされました。

また「The Hard Way」は数多くサンプリングしているので、この機会に改めて聞き直してみるのも面白いかもしれませんね。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました