D Smoke & Snoop Dogg – Gaspar Yanga (2020) サンプリングソースは日本語ラップでも使用されたことで話題沸騰!? 元ネタあり

2020年代

D Smoke (Dスモーク)
出身地 :カリフォルニア州イングルウッド
生年月日:1985年10月17日
ジャンル:Hip Hop

Snoop Dogg (スヌープ・ドッグ)
出身地 :カリフォルニア州ロングビーチ
生年月日:1971年11月20日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
WoodWorks Records

プロデューサー
Sarazen
Ben Billion$
Daniel Farris
Thomas Cauley

元ネタ
Koutev Bulgarian National Ensemble – Bre, Petrunko (1963)

D Smoke & Snoop Dogg – Gaspar Yanga (2020)

D Smoke & Snoop Dogg – Gaspar Yanga (Official Video)

彼のキャリアについては記事にしていますので、そちらからご覧ください。

スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング

2020年に自主制作でデビューアルバム「Black Habits」を発表。この作品は全16曲収録されており、兄のSiRやAri Lennox、Jill Scottなどシンガーを客演にフィーチャーしています。またグラミー賞「最優秀ラップアルバム」「最優秀新人アーティスト」の2部門にノミネートされ、全米中から注目を浴びることになりました。
表題曲の「Gaspar Yanga」もこのアルバムに収録されています。この曲はブルガリアの民謡としても有名な「Bre, Petrunko」をサンプリングしています。元ネタはこちら。

Koutev Bulgarian National Ensemble – Bre, Petrunko (1963)

Koutev Bulgarian National Ensemble – Bre Petrunko

日本人のラッパーKojoeが2017年発表した「BoSS RuN DeM」でサンプリングされたことで、元ネタとしての知名度が急激に広まった楽曲です。

Kojoe feat. AKANE & Awich – BoSS RuN DeM (2017)

Kojoe – BoSS RuN DeM Feat. AKANE, Awich
スポンサーリンク

Gaspar Yanga

この曲名が付けられた由来は、スペイン人の奴隷として捕らえられ連れてこられたアフリカ人 “Gaspar Yanga” の影響を受けて名付けられています。これは奴隷であった”Gaspar Yanga” が他の奴隷たちを率いて、奴隷の主であったスペイン人と戦ったことで知られています。またこの戦いで勝利を収めたGaspar Yangaは現在メキシコのベラクルス州ヤンガと地名がついています。
※メキシコは約300年に渡りスペインの植民地で、当時はメキシコの領土がスペインの領土になっていたために、メキシコの地名がヤンガになっています。

表題曲の「Gaspar Yanga」はそのエネルギッシュに満ちあふれた人物 “Gaspar Yanga” に感化されたD Smokeが、力強さを表現するためにこの曲名にしたそうです。楽曲も大胆にサンプリングされたビートにD SmokeSnoop Dogg (スヌープ・ドッグ)の力の入るラップの掛け合いが印象的です。

グラミー賞にもノミネートされ、Snoop Doggと共演するなど西海岸の次世代ラッパーとして注目が集まるD Smoke。この機会に一度聞いてみてはいかがでしょうか。

紹介した楽曲についてのダウンロード、購入リンクはこちら。お気に入りの楽曲があれば購入してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました