元ネタ・サンプリング Twinz feat. Warren G & Tracey Nelson – Eastside LB (1995) これまでに50曲以上にサンプリングされた名曲をネタ使い!

1990年代
1990年代T
スポンサーリンク

カリフォルニア州ロングビーチ出身の双子の兄弟が、1994年にラップグループTwinzを結成。

同じくロングビーチ出身のラッパーWarren Gのアルバム「Regulate…G Funk Era」(1994)にゲスト参加し、翌年にデビューアルバム「Conversation」(1995)をドロップ。

このアルバムはWarren Gが全面的にプロデュースし、リードシングルの「Round & Round」はラップシングルチャート20位に入るなど、最もヒットしたナンバーとなりました。

今回はこの作品からセカンドシングルにもなった「Eastside LB」をピックアップ。

この曲は4度のグラミー賞受賞歴を持ち「偉大なソウルボイスの1人」と評価されているDeniece Williamsをサンプリング。

元ネタについて解説します。

Twinz feat. Warren G & Tracey Nelson – Eastside LB (1995)

スポンサーリンク

楽曲情報

Twinz
結成  :1994年
ジャンル:Hip Hop
メンバー:Trip Locc, Wayniac

Warren G
出身地 :カリフォルニア州ロングビーチ
生年月日:1970年11月10日
ジャンル:Hip Hop
所属  :213

レーベル
Def Jam Recordings

プロデューサー
Warren G

元ネタ・サンプリング
Deniece Williams – Free (1976)

スポンサーリンク

“Eastside LB” 元ネタ・サンプリング

Deniece Williams – Free (1976)

元ネタになったのは、インディアナ州ゲーリー出身のソウルシンガーDeniece Williams「Free」(1976)です。

70年代中期にStevie Wonderのバックボーカルを務めたことで、着実にキャリアアップした彼女は、1976年にデビューアルバム「This Is Niecy」をリリース。

ソウルアルバムチャート3位にランクインし、収録していた「Free」(1976)は、全米ソウルチャート2位、UKチャート1位に輝き、彼女の代表曲の1つになりました。

またこの曲はこれまでに50曲以上にサンプリングされ、Lil KimR. Kellyといったアーティストも使用。

現代におけるブラックミュージックに大きく影響を与えた1曲になりました。

R. Kelly & Jay-Z feat. Cam’ron, Noreaga & Vegas Cats – We Ride (1998)

Lil’ Kim feat. Governor & Shelene Thomas – Can’t Fuck With Queen Bee (2003)

スポンサーリンク

終わりに

大ネタを使用した「Eastside LB」は、1994年に公開された映画「Jason’s Lyric」のサントラに収録されるなど、記憶に残る名曲になったのではないでしょうか。

色褪せることのない彼らの作品を、今一度聞き直してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました