元ネタ・サンプリング YG feat. Ty Dolla $ign – Toot It And Boot It (2009) メジャーデビューにつながった1曲!

2010年代
2010年代Y
スポンサーリンク

2009年に2枚目のミックステープ「The Real 4Fingaz」から収録曲の「Toot It And Boot It」がバイラルヒットしたYG (ワイジー)

そこで目をつけた“Def Jam Recordings” が彼と契約を果たし、メジャーデビューシングルとして再リリース。

リリースされると、全米チャート67位にランクイン。しかしクラブを中心に人気を博し、Rap Songsチャート12位とヒット作となりました。

まだ無名であったYGのデビュー曲について解説していきます。

スポンサーリンク

楽曲情報

YG (ワイジー)
出身地 :カリフォルニア州コンプトン
生年月日:1990年3月9日
ジャンル:Hip Hop

Ty Dolla $ign (タイ・ダラー・サイン)
出身地 :カリフォルニア州ロサンゼルス
生年月日:1982年4月13日
ジャンル:R&B, Hip Hop

レーベル
Pu$haz Ink
Def Jam Recordings

プロデューサー
Ty Dolla $ign
Chordz

元ネタ・サンプリング
The Association – Songs in the Wind (1966)

YG feat. Ty Dolla $ign – Toot It And Boot It (2010)

スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング

元ネタとなったのは、カリフォルニア州出身のポップバンドThe Association「Songs in the Wind」(1966)

The Association – Songs in the Wind (1966)

この曲は、The Associationの2枚目のアルバム「Renaissance」に収録され、アルバムは全米チャート34位にランクイン。

元ネタとなったこの曲は、アップテンポな楽曲に仕上がっています。曲中では

It doesn't matter if you go away
The feelin' we know will always stay
And your hopin' and my wishin' up through the end
Will free our love like songs in the wind
あなたがどこかへ行ってしまっても問題ない
この気持ちはずっと変わらない
あなたの希望と私の願いが最後まで続くように
風の中の歌のように私たちの愛を自由にする

パートナーとの別れを選んだものの、吹っ切れている様子を歌にしています。

そのために陽気な楽曲に仕上がっているようにも思えます。

またこの曲のイントロ部分を、スローダウンさせることで「Toot It And Boot It」はサンプリングしていますね。

スポンサーリンク

Toot It And Boot It

軽やかなナンバーをサンプリングしたこの曲は、元ネタとは大きく変わりお下品なリリックが目立ちます。

I met her at the club, then I said "wassup?"
I took her to the crib and you know I f**ked
クラブで彼女に会ったんだ「調子どう?」って声をかけたんだ
俺は彼女を家に連れて行き・・・ 知ってるだろファ○クした。

このリリックはサビ部分で、他のバースも似た内容を歌になっています。

そのためクラブヒットしたのかもしれませんね 笑

またクラブヒットになり人気を集めたこの曲は、50 Cent、Snoop Doggが客演で参加したRemixもリリースされています。

YG feat. 50 Cent, Snoop Dogg & Ty$ – Toot It And Boot It G-Mix (2010)

プロデューサーにはChordzTy Dolla $ign (タイ・ダラー・サイン)

Ty Dolla $ignYG同様に、この曲を足掛かりにシンガー、プロデューサーとして幅広く活躍。

2018年にMigosのアルバム「Culture II」から「White Sand」をプロデュース。

アルバムはMigosにとって2枚目の全米チャート1位に輝く作品になりました。

Migos feat. Travis Scott, Ty Dolla $ign, Big Sean – White Sand (2018)

また同年にKanye Westのアルバム「Ye」から「Wouldn’t Leave」をプロデュース。

このアルバムも全米チャート1位を獲得。8作連続で初登場1位を獲得したことで、Eminemの記録に並びました。

Kanye West feat. PartyNextDoor – Wouldn’t Leave (2018)

スポンサーリンク

終わりに

YG「Toot It And Boot It」はいかがでしたでしょうか。

元ネタの軽快なビートをサンプリングし、おちゃらけた楽曲に仕上がった今作。

しかしDef Jam Recordingsとの契約につながったと同時に、YGTy Dolla $ignの出世作になりました。

この機会にまだ初々しい彼らの楽曲と、元ネタを併せて聞いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました