Aya Nakamura – Jolie Nana (2020)

A
A
スポンサーリンク

こんにちは。

本日はこちらをご紹介。
Aya Nakamura – Jolie Nana (2020)

マリ、バマコで生まれフランス出身の女性シンガー
Aya Nakamuraの新曲をご紹介。

彼女の家系がグリオ族の一群で幼少期の時に
家族と一緒にフランスの北、オルネースボワに
移住しています。

日本でも彼女については
名前が日本的なので話題になっていましたね。
本名はAya DaniokoでAyaは本名ですが
Nakamuraは芸名で日本との関係は特にないようです。

アフリカにルーツがあるだけあって
彼女の特徴となっているのが
楽曲がアフロビート調のものを多く使っています。
(彼女のはアフロトラップとか言われるそうです)

アフロビートは元々の発祥がナイジェリアで
生まれた要因は黒人解放運動に関連する政治的な背景があり
歌詞も政治的な歌詞と解放へのエネルギーを表した
力強いものとなっています。
雰囲気はジャズに近いものを感じます。

どこかアメリカのHip Hopの生まれた背景と
似たようなルーツを感じますね。

話がそれましたが彼女の最大のヒット曲と
なったのがこちら。

Aya Nakamura – Djadja (2018)

2018年にリリースのこちら。
フランスチャートで1位
オランダチャートで1位
ルーマニアチャートで1位
オランダの年間シングルチャートでは5位と
ヨーロッパ中心に爆発的ヒットとなりました。

ライブも大合唱でめちゃくちゃ盛り上がってますw

同じく2018年にリリースした「Pookie」は
2019年にフロリダ州マイアミ出身のラッパー
Lil PumpによるRemixも出ています。

Aya Nakamura feat. Lil Pump – Pookie Remix (2019) 

本楽曲に話を戻しますがプロデューサーには
Isaac Luyindula
John Makabi
Julio Masidi。

3人ともAya Nakamuraの作品を過去にプロデュースしています。
他のアーティストも手掛けているのですが
フランス系のアーティストで
オススメしづらいので割愛します。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
明日も朝7時にブログを更新しますので
また遊びに来てください!

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました