NLE Choppa feat. Lil Baby – Narrow Road (2020)

N
N
スポンサーリンク

こんにちは。

本日はこちらをご紹介。
NLE Choppa feat. Lil Baby – Narrow Road (2020)

テネシー州メンフィス出身、現在17歳のラッパー
NLE Choppaの新曲をご紹介。

ジャマイカ人の母親とアフリカ系のアメリカ人の父親から
生まれたNLE Choppa。
ラップに興味を示し始めた頃から
母親が彼のマネージャーとして管理しています。
まだ17歳ということもあるからでしょうかねw
その後、彼は2018年からラッパーとして活動を始めます。

当初はYNR Choppaという名義で活動しており
2018年の7月にデビューミックステープ
「No Love the Takeover」をリリース。

IMG_2715 

 

翌年2019年1月にはシングル「Shotta Flow」をリリース。

NLE Choppa – Shotta Flow (2019)

こちらの楽曲はビルボードホット100にて36位にランクインし
カリフォルニア州ロサンゼルス出身のラッパー
BluefaceのRemixもリリースされています。


2月には続編となる「Shotta Flow 2」がリリースされ
この動画が2ヶ月経たないうちに
2000万回再生をされています。

NLE Choppa – Shotta Flow 2


それだけのヒットとなった彼に対して
レコード会社もさぞ欲しい人材だったでしょう。
レコード会社間での彼への入札争いが始まり
金額も300万ドルになったそうです。
しかし彼はこれらの申し出を断り
音楽配信会社UnitedMastersと契約しました。

こちらの会社は2017年に設立された会社で
ストリーミングに特化した会社で
Googleの子会社的なところが出資しています。
2019年にアプリで新しいプラットフォームの機能を
使えるアプリを発表しています。
このアプリはテキストメッセージ、Dropbox、iCloudから
Spotify、Apple、Tidal、YouTubeなどの
ストリーミングプラットフォームに直接楽曲を
簡単に配信できるシステムになっています。

さらにアーティスト側でストリーミングの統計や
再生リストの詳細、収益なども閲覧できるようになっているそうです。

アーティストからも詳細がわかりますし
スピーディーに楽曲をアップロードできるのは
これからの時代にあっていて、伸びるには間違いなしの会社ですね。

だいぶ話がそれてしまいましたが
本楽曲の客演にはジョージア州アトランタ出身の
ラッパーのLil Baby。

今年の2月にはセカンドアルバム「My Turn」をリリースし
さらに数曲増えたデラックス盤もリリースし
いい感じのLil Baby。
IMG_1849

当ブログではこちらの収録曲について
元ネタや詳しいことを書いています。
そちらも読んで頂けたら嬉しいです。

174. Lil Baby – Humble (2020)元ネタあり

109. Lil Baby – Gang Sign (2020) 元ネタあり

本楽曲のプロデューサーにはアトランタ出身の
プロデューサー、エンジニアのQuay Global。

まだ19歳と若いですがLil Babyの楽曲をメインに
プロデュースやエンジニアとして楽曲の
制作に関わっています。
昨年リリースして大ヒットとなった 「Woah」や
先ほどご紹介したアルバム「My Turn」も手掛けています。

Lil Baby – Woah (2019)

長くなってしまいましたが
本楽曲「Narrow Road 」のリリース後には
アルバムのリリースもアナウンスされています。
そちらも非常に楽しみですね。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
明日も朝7時にブログを更新しますので
また遊びに来てください!

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました