元ネタ・サンプリング 42 Dugg feat. Babyface Ray – One of One (2020) イントロからシャーデーをサンプリング!

2020年代
2020年代123
スポンサーリンク

Yo GottiJeezyを聴いて育った42 Duggは、2018年に発表したシングル「Stfu」で注目を集め、翌年Yo GottiのレーベルCollective Music Group(CMG)と契約。

2019年には2作目のミックステープ「Young and Turnt」(2019)をリリースしたほか、Lil Babyのシングル「We Paid」(2020)にゲスト参加して全米チャート10位を記録。

さらに同じくデトロイトのラッパーBig Seanのアルバムにフィーチャーされるなど着実に実績を積み、2020年には続編となるミックステープ「Young & Turnt, Vol. 2」をリリース。

この作品は自身初の全米アルバムチャートにチャートインするなど高い評価を受け、収録曲の「Been Turnt」(2020)はYouTubeで1500万再生を記録しています。

今回はこのミックステープから、ヒップホップメディア誌XXLによる企画「Freshman Class 2022」に選出された若手ラッパーBabyface Ray (ベイビーフェイス・レイ)をフィーチャーした「One of One」をピックアップ。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

42 Dugg feat. Babyface Ray – One of One (2020)

スポンサーリンク

楽曲情報

42 Dugg
出身地 :ミシガン州デトロイト
生年月日:1995年11月25日
ジャンル:Hip Hop

Babyface Ray (ベイビーフェイス・レイ)
出身地 :ミシガン州デトロイト
生年月日:1991年2月7日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
4PF
Collective Music Group

プロデューサー
Helluva Beats

元ネタ・サンプリング
Sade – The Sweetest Taboo (1985)

スポンサーリンク

“One of One” 元ネタ・サンプリング

Sade – The Sweetest Taboo (1985)

元ネタになったのは、イギリス、ロンドンで結成したバンドSade (シャーデー)「The Sweetest Taboo」(1985)です。

この曲は、彼らの2枚目のアルバム「Promise」(1985)に収録され、母国イギリスとアメリカのアルバムチャートで1位を獲得し、彼らにとって初の両チャート首位となりました。

このアルバムからリードシングルとしてリリースされた「The Sweetest Taboo」は全米チャート5位を記録し、13週に渡ってトップ40にランクインし続けました。

また、グループのリードボーカルを務めるSade Aduは、この曲について次のように明かしています。

「Taboo」は確かにある種のスペインっぽい雰囲気があって、とてもホットな曲だね。
基本的には、情熱的な恋愛について歌っているわ。
初めて恋することについて歌っているの。
スポンサーリンク

終わりに

42 Duggはこの作品の後もMeek MillTyler, the Creatorの作品に抜擢され、XXLの「Freshman Class 2021」に選出。

また、同年に発表したミックステープ「Free Dem Boyz」は全米チャート8位を記録し、収録曲のFutureとの「Maybach」(2021)は、YouTubeで9000万再生を超えるヒットとなりました。

現在、デトロイトのラップシーンで最もホットなラッパーとして期待されています。

この機会に、彼の作品と元ネタを併せて聴いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました