Lloyd feat. Teddy Riley – Slow Wine Bass Line (2020)

L
L
スポンサーリンク

こんにちは。

本日はこちらをご紹介。
Lloyd feat. Teddy Riley – Slow Wine Bass Line (2020)

現在34歳のルイジアナ出身のR&Bシンガー
ソングライター、ダンサー、俳優業と活躍している
Lloydの新曲をご紹介。

もともと彼はN-Toonという4人組の
R&Bグループに所属していました。
メンバーは9歳から13歳という若さで
(もはや子供w)
アルバムを1枚、シングル2枚をリリース。
2001年にはグループは解散となります。
ちなみにLloydの弟も他のメンバーの脱退などで
のちに所属します。

N-Toon – Ready (2000)

グループ解散後はソロ活動に転向し
ファーストアルバムをリリース。
こちらの楽曲はヒットしましたよね。

Lloyd feat. Ashanti – Southside (2004)

その後コンスタントにアルバムをリリースして
ヒットしました。
独特の歌声の彼なので、客演としても活躍していましたね。

日本でも特にヒットしたのが
3枚目のアルバムにも収録されているこちら。

Lloyd – Lay It Down (2010)

みんな大好きですよね。
プロデューサーは先日楽曲のリリースをした
V BozemanとPolow da Don。

V Bozemanの楽曲については当ブログで書いていますので
よろしければこちらを見てみてください!

178. V Bozeman – Juicy (2020) 元ネタあり

Loydの話に戻しますがここ最近の活動といえば
約2年前にリリースされたアルバム「Tru LP」
衝撃的なジャケで話題になりましたねw

IMG_2274

肝心の内容ですが、アルバムタイトルにもなっている
こちらとか結構個人的には好きです。

Lloyd – Tru (2016)

だいぶ話が長くなりましたが
本楽曲は約2年ぶりの新曲となります。
客演には大ベテランのTeddy Riley。
ところどころで入るトークボックスがたまりません。。。

本楽曲のプロデューサーもTeddy Rileyです。
Lloydの新曲がこうもすごいバックアップされての
意外なカタチでリリースされたのは驚きましたね。

このまま精力的に活動してもらって
ニューアルバムを是非だしてほしいです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
明日も朝7時にブログを更新しますので
また遊びに来てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました