元ネタ・サンプリング Jim Jones – We Fly High (2006) ジム・ジョーンズ 「実はこの曲は嫌いなんだ・・・」ジム・ジョーンズが当時を振り返る

2000年代
2000年代J
スポンサーリンク

ラップグループThe DiplomatsのメンバーであるJim Jones (ジム・ジョーンズ)は、同グループのデビューアルバム「Diplomatic Immunity」(2003)がR&B/Hip Hopチャート1位を獲得してその名を知られるようになり、2004年にJim Jonesのソロデビューアルバム「On My Way to Church」をリリース。

2005年には、Juelz SantanaDiddyE-40Trey Songzがゲスト参加したセカンドアルバム「Harlem: Diary of a Summer」をリリースし、R&B/Hip Hopチャート1位を獲得。

その翌年に3枚目のアルバム「Hustler’s P.O.M.E.」(2006)をリリースし、2作連続でR&B/Hip Hopチャートで1位を獲得しました。

今回はこのアルバムから、リードシングルでもある「We Fly High」(2006)をピックアップ。

ここでは、この曲の元ネタと裏側について解説します。

Jim Jones – We Fly High (2006)

スポンサーリンク

楽曲情報

Jim Jones (ジム・ジョーンズ)
出身地 :ニューヨーク、ハーレム
生年月日:1976年7月15日
ジャンル:Hip Hop
所属  :The Diplomats

レーベル
Koch Entertainment
Diplomat Records

プロデューサー
Zukhan

元ネタ・サンプリング
Rasputin’s Stash – Mr. Cool (1971)

スポンサーリンク

“We Fly High” 元ネタ・サンプリング

Rasputin’s Stash – Mr. Cool (1971)

元ネタになったのは、イリノイ州シカゴで結成されたファンクバンドRasputin’s Stash (ラスプーチンズ・スタッシュ)「Mr. Cool」(1971)です。

メンバー8人の大所帯バンドである彼らのこの曲は、デビューアルバム「Rasputin’s Stash」(1971)に収録。

また、ラッパーJIDの2022年のアルバム「The Forever Story」に収録されている「Money」は、このアルバムの「I’d Like to Know You Better」(1971)をサンプリングしています。

JID – Money (2022)

Rasputin’s Stash – I’d Like to Know You Better (1971)

スポンサーリンク

「実はこの曲は嫌いなんだ・・・」ジム・ジョーンズが明かす

Jim Jones「We Fly High」は「Ballin’!」の掛け声と共に、バスケットボールのシュートする振り付けで広まり、全米チャート5位、ラップソングチャート1位を記録して、これまでの彼のキャリアで最も成功した曲となりました。

しかし、この曲のリリース後すぐにJay-Zは同じビートで「Brooklyn High」というJim Jonesに向けたディス曲を発表し「Ballin’!」のフレーズはJay-Zによって「Brooklyn!」のシャウトに変えられています。

Jay-Z – Brooklyn High

Jim Jonesと盟友Juelz Santanaは、すかさず「Beef Mix」と題したアンサーソングを発表して話題となりましたが、この一件についてJim Jonesは次のように語っています。

Jay-Zは賢い人だということを覚えておかなければならないね。
彼は食物連鎖の頂点にいる。
価値のない人をディスったりはしない。
それは、一文無しの人に注意を払うようなものだ。
だから、自分の名前を出してくれたり、曲の中で何らかの形でディスったりするのは、ある種の愛情表現みたいなものなんだ。

Jay-Zと一戦交わすも、彼からの反応を「愛情表現」と語るJim Jonesは、「We Fly High」について「実はこの曲は嫌いなんだ」と、当時を回想しています。

実はこの曲は嫌いなんだ。曲を聴くとうんざりするんだ。
でも、実は愛憎半ばする関係なんだ。
あの曲は、俺がこのラップゲームに参加し、違うレベルの成功を収め、ビジネスをする人たちと違う部屋に入ることになったとき、俺を他の人とは違う存在にしたんだと思う。
しかしその反面、10年後、あの曲は俺の脳裏に穴を開け、聞くたびにぞっとするほど嫌な気分にさせる。
クラブに入ったら、DJは間違いなく曲をかける。
クラブに入るときは、ヤツらに自分がクラブにいることを知らせずに、隅っこのほうで低くしていることが多いよ。
しかし、それは祝福であり、贈り物であり、呪いでもある。
この曲が流れてきて、みんなが歌詞を引用してジャンプシュートをするのを見ると、同時に笑顔になるんだ。

この機会に、元ネタと併せて聴いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました