元ネタ・サンプリング The Weeknd – Sacrifice (2022) マライア、クリスブラウンと同ネタを使用!

2020年代
2020年代T
スポンサーリンク

2015年に発表したアルバム「Beauty Behind the Madness」で自身初の全米チャート1位を獲得し、グラミー賞「最優秀アーバンコンテンポラリーアルバム賞」を受賞し「年間最優秀アルバム賞」にもノミネートされたThe Weeknd (ザ・ウィークエンド)

4枚目のアルバム「After Hours」(2020)からのシングル「Blining Lights」は、ビルボード史上最長のチャートイン記録を持ち、2020年に世界で最も売れた曲にもなりました。

世界中のオーディエンスを魅了している彼が、その続編となる5枚目のアルバム「Dawn FM」をドロップ。

Lil WayneTyler, The CreatorQuincy Jonesをゲストに迎え、業界のトップアーティストだけで構成されたアルバムになりました。

今回は、このアルバムからセカンドシングル「Sacrifice」(2022)をピックアップ。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

The Weeknd – Sacrifice (2022)

スポンサーリンク

楽曲情報

The Weeknd (ザ・ウィークエンド)
出身地 :カナダ、トロント
生年月日:1990年2月16日
ジャンル:R&B

レーベル
Republic Records
XO Records

プロデューサー
Oscar Holter
The Weeknd
Max Martin
Swedish House Mafia

元ネタ・サンプリング
Alicia Myers – I Want to Thank You (1981)

スポンサーリンク

“Sacrifice” 元ネタ・サンプリング

Alicia Myers – I Want to Thank You (1981)

元ネタになったのは、ミシガン州デトロイト出身のシンガーAlicia Myers (アリシア・マイヤーズ)I Want to Thank You」(1981)です。

彼女は、Al Hudson & the Soul Partners(後のOne Way)というバンドでキャリアをスタートさせ、1981年にソロデビューアルバム「Alicia」をリリース。

このアルバムはR&Bチャート41位を記録しI Want to Thank You」も収録されています。

またMariah Carey「Make It Happen」(1991)でサンプリングされ、Chris Brown「Temporary Lover」(2019)では、イントロからそのまま使用されています。

Mariah Carey – Make It Happen (1991)

Chris Brown feat. Lil Jon – Temporary Lover (2019)

スポンサーリンク

終わりに

今作のアルバムでは、映画「マスク」で主演を務めたカナダ人俳優ジム・キャリーが1曲目からナレーションを担当しており、本作のMVも彼のナレーションからスタートします。

また、全米チャートで25曲を1位に導いたヒットメーカーMax Martinがアルバムのエグゼクティブプロデューサーを務め、早くも2022年の目玉作となりそうです。

この機会に、アルバムと元ネタを併せて聴いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました