元ネタ・サンプリング Nevaeh Jolie – Too Much (2020) Luther Vandrossを大胆にサンプリング!

2020年代
2020年代N
スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽曲情報

Nevaeh Jolie
出身地 :ニュージャージー州ウッドブリッジ
生年月日:不明
ジャンル:R&B

レーベル
ArtistryGroup LLC
Def Jam Recordings

プロデューサー
Tearce Kizzo

元ネタ・サンプリング
Luther Vandross – Never Too Much (1981)

Nevaeh Jolie – Too Much (2020)

Nevaeh Jolie – Too Much (Lyric Video)
スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング

Luther Vandross – Never Too Much (1981)

Luther Vandross – Never Too Much (Official HD Video)

元ネタとなったのは、ニューヨーク、マンハッタン出身のシンガーLuther Vandross「Never Too Much」(1981)です。

この曲は彼の同タイトルのデビューアルバム「Never Too Much」に収録し、ブラックシングルチャートで2週に渡って1位を獲得。

評論家からも高い評価を得ることで、グラミー賞「最優秀新人賞」と「最優秀R&Bボーカル・パフォーマンス男性賞」にノミネート。

2020年に音楽メディア誌「Rolling Stone」は「500 Greatest Albums of All Time」で362位に選出するなど、歴史に刻む作品となりました。

また「Never Too Much」はこれまでに50曲以上の楽曲でネタ使いされた曲でもあり、Fat Joe「Sunshine (The Light)」(2021)ではRihanna「Kiss It Better」とマッシュアップ。

権利の関係で発売はお蔵入りになると思いましたが、オフィシャルリリースしたことで今後の楽曲制作に新しい道を作った1曲になりました。

Fat Joe, DJ Khaled, Amorphous – Sunshine (The Light) (2021)

Fat Joe, DJ Khaled, Amorphous – Sunshine (The Light) (Official Video)
スポンサーリンク

Nevaeh Jolie

ニュージャージー州ウッドブリッジで生まれ育ったNevaeh Jolieは、2013年にコメディーTV番組「Always Summer」に抜擢。

その後ロサンゼルスに拠点を移し、Def Jam Recordingsと契約。2019年にSaweetie「My Type」でソングライターとして楽曲提供を行い、この年のクラブヒットとなりました。

Saweetie – My Type (2019)

Saweetie – My Type [Official Music Video]

こちらの楽曲は記事にしていますので、よろしければご覧になってください。

また2020年に若手注目ラッパーのA Boogie Wit da Hoodieを迎え、Raekwonを大胆にサンプリングした「Screwed Up」をドロップ。

レーベルから大きくバックアップ受けた彼女は、業界からも注目を集める存在となっています。

Nevaeh Jolie feat. A Boogie wit da Hoodie – Screwed Up (2020)

Nevaeh Jolie – Screwed Up ft. A Boogie wit da Hoodie

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました