Music Dictionary 今週のオススメ10選

2021年オススメ
2021年オススメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Justin Bieber feat. Daniel Caesar, Giveon – Peaches (2021)

Justin Bieber – Peaches ft. Daniel Caesar, Giveon

Justin Bieberが6枚目のアルバム「Justice」をドロップ。

先行でリリースされていた「Holy」「Lonely」も収められ全16曲収録。

またこの作品は自粛中に彼の元に大量のデモ音源が送られ、気に入ったものを自宅でレコーディングしたのがきっかけだとか。

その後2020年の12月に、Justin Bieberがアルバム1枚分の音源がストックされているのに気づき

「このアルバムを仕上げる。期待していてくれ」

とコメントすると同時に、スタジオでレコーディングしている様子をInstagramのストーリーズにアップしています。

スポンサーリンク

Joyce Wrice feat. Lucky Daye – Falling In Love (2021)

Falling In Love (feat. Lucky Daye)

先日もご紹介した日系アメリカ人のJoyce Wriceがデビューアルバム「Overgrown」をリリース。

昨年発表した「That’s On You (Japanese Remix)」も含めた全14曲収録。

2月に発表されたLucky DayeのEP「Table for Two」に収められている「Falling In Love」も今作のアルバムに収録されています。

スポンサーリンク

Ty Dolla $ign feat. Bryson Tiller, Jhené Aiko & Mustard – By Yourself Remix (2021)

Ty Dolla $ign – By Yourself (feat. Bryson Tiller, Jhené Aiko & Mustard) [Remix] (Lyric Video)

昨年発表した4枚目のアルバム「Featuring Ty Dolla Sign」が全米チャート4位にランクインしたTy Dolla $ign

4枚目のシングルとして発表された「By Yourself」Bryson Tillerが加わったRemixが新たにリリース。

オリジナルについては記事にしていますので、併せてチェックしてみてください!

スポンサーリンク

Blxst feat. Russ – Fck Boys (2021)

Blxst – Fck Boys (feat. Russ)

前作のEP「No Love Lost」が好評を博し、デラックス盤が再リリースされたことで西海岸の次世代ラッパーと期待されているBlxst

そんな彼がブランニューEP「Just for Clarity」をドロップ。

その中から「Fck Boys」は彼自身がプロデュースすることで、ギターの音色が心地よくBlxstらしいナンバーに仕上がっています。

スポンサーリンク

Snoop Dogg – CEO (2021)

Snoop Dogg – CEO (Official Music Video)

同じく西海岸のベテランSnoop Doggが、極太のベースラインが印象的な新曲「CEO」をリリース。

プロデューサーには2PacBusta RhymesJay-Zなど挙げきれないほど数々のラッパーを手掛けたRick Rockがプロデュース。

またMVでは、Snoop Dogg自身のジン(酒)ブランド「INDOGGO」のプロモーションも兼ねて公開されています。

CJ feat. French Montana & Rowdy Rebel – Whoopty NYC Remix (2021)

CJ – Whoopty NYC Remix (feat. French Montana & Rowdy Rebel) Official Video

昨年に発表した「Whoopty」がロングヒットとなっているCJ

2月に発表したデビューEP「Loyalty Over Royalty」は、French Montanaがエグゼクティブプロデューサーを務めたことでも話題になっていました。

そんな中、Rowdy Rebel共にRemixをドロップ。ビートもリメイクされたことで、躍動感が増しましたね。

Luh Kel – I Wish (2021)

Luh Kel – I Wish (Official Lyric Video)

ミズーリ州セントルイス出身のシンガーLuh Kelが、Ray Jの名曲「One Wish」を大胆にサンプリング。

メロディアスなラップとクセになる歌声が、日本人ウケも良さそうなナンバーですね。

Ray J – One Wish (2005)

Ray J – One Wish

Tiësto & Ty Dolla $ign – The Business, Pt. II (Clean Bandit Remix)

Tiësto & Ty Dolla $ign – The Business, Pt. II (Clean Bandit Remix) [Official Visualizer]

以前もご紹介した「The Business, Pt. II」をグラミー賞の受賞歴をもつClean BanditがRemix。

記事はこちら。

彼らが今作を手掛けたことで、さらにEDM使用にパワーアップして帰ってきました。

クラブで爆音で聞きたい1曲ですね。

Pitbull x Farruko x IAmChino x El Alfa x Omar Courtz – Ten Cuidado

Pitbull x Farruko x IAmChino x El Alfa x Omar Courtz – Ten Cuidado (Official Video)

“お祭り番長” として日本でも人気を誇るPitbullが、ラテン系ラッパーを引き連れて新曲「Ten Cuidado」をドロップ。

これはRodolfo y Su Tipica RA7「La Colegiala」(1975)をサンプリングしています。

Rodolfo y Su Tipica RA7 – La Colegiala (1975)

Rodolfo y su Tipica – La colegiala (original version,spanish,HQ

P Money & Silencer feat Tobi – This Year (2021)

P Money & Silencer -'This Year' (Feat Tobi)

イギリス出身のラッパーP Moneyが新曲「This Year」をドロップ。

Juicy Jのフレーズをサンプリングしたかのようなビートに、畳み掛ける彼のラップが◎

クセが強いドリル系のビートなので、賛否別れるかもしれませんね。

これまでの記事はこちら。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました