348. 深夜に聞きたくなるナンバー! Ty Dolla $ign – Slow It Down (2020) 元ネタあり

スポンサーリンク
2020年代
Ty Dolla $ign – Slow It Down (2020)

Ty Dolla $ign
出身地 :カリフォルニア州ロサンゼルス
年齢  :38歳
ジャンル:Hip Hop, R&B

プロデューサー
名前:Andrew “Pop” Wansel
名前:JProof
名前:CJ Brach

元ネタ
David Ruffin – Slow Dance (1980)

前作「Beach House 3」から約3年振りとなったニューアルバム「Featuring Ty Dolla $ign」を発表したTy Dolla $ign
アルバムは全25曲というボリュームで客演にはKanye West、Nicki Minaj、Post Malone、Quavo、Big Sean、Jhene Aiko、Futureなどなどアルバムタイトル通り18名がフィーチャーされています。

Slow It Down」 はこのニューアルバムからの1曲で、曲の始まりからTy Dolla $ignのソウルフルな歌声がメロウなトラックにハマっていて深夜に聞きたくなるナンバーになっています。
歌詞も男女の夜の関係について歌っていますので・・・大人の色気ムンムンに楽曲に表れていますねw

この「Slow It Down」はDavid Ruffinの「Slow Dance」をサンプリングしています。 
元ネタはこちら。

David Ruffin – Slow Dance (1980)
 

ミシシッピ州出身のシンガーDavid Ruffinの1980年リリースのこちら。
R&B、Soulグループ「The Temptations」に所属していたDavid Ruffinのソロアルバム「Gentleman Ruffin」からリードシングルとして発表されました。シングルはR&B/Hop Hopシングルチャートで63位、アルバムはR&B/Soulアルバムチャートで17位にランクインしました。

2010年にドロップされたWiz Khalifaのミックステープ「Kush & Orange Juice」でジャケットをそのままサンプリングしていましたね。

Wiz Khalifa – Kush & Orange Juice (2010)
Kush_and_orange_juice_cover

余談ですがDavid Ruffin1991年にコカインによるオーバードーズでこの世を去っています。50歳という若さで亡くなり、葬儀にはThe TemptationsのメンバーやStevie WonderやAretha Franklinが駆けつけ別れの歌を歌ったそうです。

表題の「Slow It Down」のプロデューサーにはAndrew “Pop” Wansel、JProofCJ Brach。
Andrew “Pop” Wanselは2011年にBig Seanのデビューアルバムからリードシングル「Marvin & Chardonnay」をプロデュース。Kanye West、Roscoe Dashをフィーチャーしたこの曲は全米R&B/Hip Hopシングルチャートで1位、またアルバムも全米アルバムチャート3位にランクインしクラブヒットとなりました。

Big Sean feat. Kanye West & Roscoe Dash – Marvin & Chardonnay (2011)

また2015年にはTory Lanezのデビューアルバムからリードシングル「Say It」を手掛け、R&B/Hip Hopシングルチャート10位、アルバムもR&B/Hip Hopアルバムチャート2位となり彼の代表曲の1つになっています。

Tory Lanez – Say It (2015)

他にもAraian Grande、J. Cole、Nicki Minaj、Kehlaniなど数々のアーティストを手掛けて実績のあるプロデューサーです。今後も新しいアーティストのバックアップを、プロデュースをしてヒットソングを期待したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました