元ネタ・サンプリング Dave East feat. Fabolous – What’s Goin On (2019) AZと同ネタをサンプリング!

2010年代
2010年代D
スポンサーリンク

Dave East (デイブ・イースト)は、2010年にキャリアをスタートさせ、2014年にNasのレーベル “Mass Appeal Records” と契約。

同レーベルからミックステープ「Black Rose」(2014)をリリースし、注目を集める作品になりました。

また2016年には、ヒップホップメディア誌XXLによる「Freshman Class 2016」にLil Uzi Vert21 Savageと共に選出され、アメリカで最も期待される若手ラッパーの1人となりました。

そんな彼が、2019年に待望のデビューアルバム「Survival」をドロップ。

デビュー作ながら、Rick RossNasDJ PremierTeyana Taylorなどの豪華面々がゲスト参加し、彼の人脈の広さには目を見張るものがあります。

今回はこの中から、Fabolous (ファボラス)がゲスト参加した「What’s Goin On」をピックアップ。

ここでは、80年代から活躍するサックス奏者をサンプリングしたこの曲を解説します。

Dave East feat. Fabolous – What’s Goin On (2019)

スポンサーリンク

楽曲情報

Dave East (デイブ・イースト)
出身地 :ニューヨーク、イーストハーレム
生年月日:1988年6月3日
ジャンル:Hip Hop

Fabolous (ファボラス)
出身地 :ニューヨーク、ブルックリン
生年月日:1977年11月18日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
Def Jam Recordings
Mass Appeal
From The Dirt

プロデューサー
Mike “Kuz” Kuzoian
Buda & Grandz

元ネタ・サンプリング
Najee – Betcha Don’t Know (1986)

スポンサーリンク

“What’s Goin On” 元ネタ・サンプリング

Najee – Betcha Don’t Know (1986)

元ネタになったのは、ニューヨーク出身のサックス奏者NajeeBetcha Don’t Know」(1986)です。

この曲は、彼のデビューアルバム「Najee’s Theme」(1986)に収録し、アルバムはグラミー賞「ベストR&Bインストゥルメンタルパフォーマンス」にノミネートされています。

また1998年に、ラッパーのAZが同タイトルの楽曲でサンプリングしています。

AZ – Betcha Don’t Know (1998)

スポンサーリンク

終わりに

Dave Eastは今作のアルバムを、彼のレーベルのボスであるNasがエグゼクティブプロデューサーを務めたことを明かしています。

また作品のリリースと同時に、彼のYouTubeチャンネルでは5つのパートで構成されたドキュメントシリーズが公開されています。

この中では彼は自分の曲やこれまでのキャリアを振り返っていますが、これはファンにとって嬉しいサプライズになったのではないでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました