元ネタ・サンプリング Teyana Taylor feat. Chris Brown – Freak On (2016)

T
T #TBT
スポンサーリンク

こんにちわ。

本日は昨日からの続きでこちらをご紹介。
(昨日の記事はこちらからどうぞ。)

194. Teyana Taylor – Made It (2020) 元ネタあり

Teyana Taylor feat. Chris Brown – Freak On (2016)

ニューヨーク、ハーレム出身の女性シンガーソングライター
ダンサー、モデル、振り付け師など
様々な顔を持つTeyana Taylorをご紹介。

本楽曲のプロデューサーはカリフォルニア出身の
DJ Mustard。

2011年リリースのTygaの「Rack City」を手掛けて
ビルボードホット100にて7位
Hip Hop,R&Bチャートで1位に輝き、一気に知名度を広げました。

その後もBig Sean,Rihanna,Omarionなど
大物アーティストを手掛けています。
昨年大ブレークを果たしたカリフォルニア出身の
ラッパーRoddy Ricchも彼が手掛けていますね。

Big Sean feat. E-40 – I Don’t Fuck With You (2014)

Rihanna – Needed Me (2016)

Omarion feat. Chris Brown & Jhene Aiko – Post to Be (2014)

Mustard & Roddy Ricch – Ballin’ (2019)

そんな彼が手掛けた本楽曲ですが
ブログタイトルにもある通り
サンプリングしています。元ネタはこちら。

Adina Howard – Freak Like Me (1995)

ミシガン出身のシンガーソングライター
Adina Howard。
こちらの楽曲は彼女のデビューアルバム
「Do You Wanna Ride」からのリードシングル。

51HRqdd75AL._AC_SY355_

ぴーひゃら鳴っているシンセがたまりませんねw
いい曲だなぁ〜

デビュー曲でしたが楽曲はヒットして
100万部を販売しプラチナ認定を受けています。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
明日も朝7時にブログを更新しますので
また遊びに来てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました