元ネタ・サンプリング Capella Grey – GYALIS (2021) 大ネタをサンプリングし、TikTokでバイラルヒット!

2020年代
2020年代C
スポンサーリンク

2021年にシングル「GYALIS」がTikTokでバイラルヒットし、彗星の如く現れたCapella Grey (カペラ・グレイ)

この曲は、Spotifyで1800万回以上ストリーミングされ、YouTubeではMVがないにも関わらず1000万再生を超えるヒットとなりました。

彼の故郷であるニューヨークのブロンクスで撮影されたMVも900万回以上再生され、注目を浴びる存在になりました。

そんな彼がメロディアスに歌い上げるこの曲は、Juvenileの大ヒットソングを大胆にサンプリングしています。

ここでは、元ネタについて解説します。

Capella Grey – GYALIS (2021)

スポンサーリンク

楽曲情報

Capella Grey (カペラ・グレイ)
出身地 :ニューヨーク、ブロンクス
生年月日:1995年8月2日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
Capitol Records

プロデューサー
Capella Grey

元ネタ・サンプリング
Juvenile feat. Lil Wayne & Mannie Fresh – Back That Azz Up (1998)

スポンサーリンク

“GYALIS” 元ネタ・サンプリング

Juvenile feat. Lil Wayne & Mannie Fresh – Back That Azz Up (1998)

元ネタになったのは、ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のラッパーJuvenileBack That Azz Up」(1998)です。

この曲は、彼の3枚目のアルバム「400 Degreez」(1998)に収録し、アルバムはR&B/Hip Hopチャート2位を記録。

彼のソロキャリアの中で最も売れたアルバムであり、彼が所属していたCash Money Recordsがリリースしたアルバムの中で最も売れた作品になりました。

2020年には音楽メディア誌ローリング・ストーンが発表した「史上最も偉大なアルバム500」では470位に選出され、評論家からは高い評価を得て、音楽史に名を刻む作品になりました。

またLil WayneMannie Freshがゲスト参加したBack That Azz Up」は、R&B/Hip Hopチャート5位を記録。

同じ頃にLil Wayne「Tha Block Is Hot」B.G.「Bling Bling」がスマッシュヒットしたことにより、Cash Money Recordsの名をメインストリームに押し上げることになりました。

スポンサーリンク

終わりに

TikTokのバイラルヒットにより、Capella Greyはキャリア初の全米チャート入りを果たしました。

この曲のインスピレーションについて次のように明かしています。

当時、俺はLA(ロサンゼルス)にいたんだ。
ビートを作って、すぐにブースに入って、それで録った後、もう少しビートを足して、さらにそれで録って、ラップトップでミックスしたんだ。
頭の中にパッと浮かんできて、特に何かを作り上げるということはなかったよ。
クラブで元ネタの「Back That Azz Up」流れたとき、それはとて大きな瞬間だったね。
インスピレーションが湧いてきたら、とにかくやってみようと思ったね。

ヒットにより、彼と同郷のA Boogie Wit da HoodieもRemixを公開し、リリースから半年後にChris BrownPopcaanによるRemixをリリースするなど、業界からも大きく注目を集めています。

今後も彼の活動から目が離せません!

A Boogie Wit da Hoodie – Gyalis Remix (2021)

Capella Grey feat. Chris Brown & Popcaan – Gyalis Remix (2021)

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました