元ネタ・サンプリング Mariah Carey – Fantasy (1995) 過去作が不満で本人が初めてのMVの監督?!

1990年代
1990年代M
スポンサーリンク

Mariah Carey (マライア・キャリー)
出身地 :ニューヨーク、ハンティントン
生年月日:1970年3月27日
ジャンル:R&B

レーベル
Columbia

プロデューサー
Dave Hall

元ネタ・サンプリング
Tom Tom Club – Genius of Love (1981)

Mariah Carey – Fantasy (1995)

スポンサーリンク

元ネタ・サンプリング

Mariah Carey (マライア・キャリー)の5枚目のアルバム「Daydream」からリードシングルとして発表された「Fantasy」はTom Tom Clubの「Genius of Love」をサンプリングしています。元ネタはこちら。

Tom Tom Club – Genius of Love (1981)

メンバーであるTina Weymouth、Chris Frantz夫妻によって結成されたバンドTom Tom Clubの1981年作。彼らのデビューアルバム「Tom Tom Club」からリードシングルとしてリリースされ、Dance Club Songsチャート1位に輝き、全米シングルチャート31位にランクイン。彼らの唯一の全米シングルチャートTop100に入った楽曲にもなりました。

スポンサーリンク

Fantasy

ファンキーなナンバーをサンプリングしたMariah Careyの「Fantasy」は全米シングルチャート1位にランクイン。またカナダ、ニュージーランド、オーストラリアチャートでも1位に輝き、世界各国のチャートを席巻したナンバーになりました。また大ヒットの制作風景をMariah本人が語っており「ラジオを聴いていて “Genius of Love” を久しぶりに聴いたんだ。最初にこのアイデアをDave Hall(プロデューサー)に話して、それを実行したんだ。その後にTom Tom Clubに連絡したら、彼らはとても気に入ってくれたんだ」と偶然聞いていたラジオにインスパイアされたことを明らかにしています。

また「Fantasy」のMVでは、Mariah Careyが撮影場所やコンセプトを考え、自ら監督デビューした作品にもなりました。というのも、これまで多くのMVの仕上がりにMariah Careyが失望していたようで、単独で指揮を執り自分のアイデアを活かしたかったようです。

同年の12月にはラッパーのOl’ Dirty Bastardを迎えたRemix「Fantasy (Bad Boy Remix)」もリリースしています。

Mariah Carey feat. Ol’ Dirty Bastard – Fantasy (Bad Boy Remix) (1995)

この曲はR&BとHip Hopのコラボレーションをメインストリームのポップカルチャーに導入し、1995年以降のラップをフィーチャリング・アクトとして普及させた作品として評価されています。実際に1997年にリリースしたシングル「Honey」でも再び “Bad Boy Remix” でMase、The Loxをフィーチャーしてヒットにつながっています。

Mariah Carey feat. Mase, The Lox – Honey (Bad Boy Remix) (1997)

現代のメインストリームでは、当然のようにシンガーに人気ラッパーがフィーチャーする文化が根付いていますが、このルーツも遡って辿るのも面白いのかもしれませんね。

記事で紹介した楽曲についてのダウンロードリンクはこちらになります。お気に入りの楽曲があれば購入して頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました