Moneybagg Yo & GloRilla – On Wat U On (2023) MVはR&BシンガーTyreseが主演の映画を再現

2020年代
2020年代M
スポンサーリンク

Yo Gotti率いるレーベルCollective Music Group(CMG)に所属するメンフィス出身のラッパーMoneybagg Yo (マネーバッグ・ヨー)GloRilla (グロリラ)がコラボシングル「On Wat U On」(2023)をドロップ。

Moneybagg Yo & GloRilla – On Wat U On (2023)

スポンサーリンク

“On Wat U On” 楽曲情報

レーベル
CMG The Label
Bread Gang
N-Less Entertainment
Interscope Records

プロデューサー
YC
Skywalker OG
DrumGod

スポンサーリンク

リリースに至るまで

Moneybagg Yoは、FutureLil DurkPharrell Williamsなどがゲスト参加した4枚目のアルバム「A Gangsta’s Pain」(2021)で自身初の全米チャート1位を獲得し、その後発表したデラックスエディションには、Lil WayneDJ Khaledなど錚々たるメンバーが参加しており、業界で最も注目されるラッパーの1人となりました。

DeBargeをサンプリングした「Wockesha」の記事はこちら。

一方、GloRillaは2022年のシングル「F.N.F. (Let’s Go)」がバイラルヒットし、グラミー賞の「最優秀ラップパフォーマンス賞」にノミネートされました。

その後もCardi BLattoらとコラボシングルをリリースし、2022年に目覚ましい活躍を見せました。

Lattoとのシングル「FTCU」の記事はこちら。

その2人は、2023年1月10日にMoneybagg YoのInstagramで同曲の一部を公開し、コラボ曲のリリースを示唆していました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Certified Speaker(@moneybaggyo)がシェアした投稿

スポンサーリンク

MVはR&BシンガーTyreseが主演の映画を再現

リリース後に公開されたMVは、2001年に公開されたR&BシンガーTyrese主演の映画「Baby Boy」のシーンを再現したもので、Moneybagg Yoは主役のJody役、GloRillaはYvette役を演じています。

また、Snoop Doggも出演している映画「Baby Boy」は、もともとラッパーの2Pacを主役にした作品で、監督・脚本のJohn Singletonは、1993年の映画「Poetic Justice」でも2Pacと組んでいます。

しかし、1996年に2Pacが殺害された後、John Singletonは彼の代わりにR&BシンガーのTyreseを主役に起用し、また、Snoop DoggのRodney役は、もともと映画「Boyz n the Hood」や「Higher Learning」でJohn Singletonはと組んでいたIce Cube用に書かれていたもので、2Pacの死によって映画の構想が変更されました。

しかし、1996年に2Pacが殺害された後、John Singletonは彼の代わりにR&BアーティストのTyreseを主役に抜擢し、また、Snoop Doggが演じた Rodney役は当初映画「Boyz n the Hood」や「Higher Learning」でJohn Singletonと組んでいたIce Cube用に書かれたもので、2Pacの死が映画の構想を大きく変えることとなりました。

MVと映画を合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

関連記事はこちら。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました