元ネタ・サンプリング Bad Bunny & Nicky Jam – Bad Con Nicky (2020)

B
B
スポンサーリンク

こんにちは。

本日は久しぶりにラテンミュージックをご紹介。
Bad Bunny & Nicky Jam – Bad Con Nicky (2020)

プエリトルコ出身のラテン系ラッパー
Bad Bunnyの新曲をご紹介。

先日4枚目となるアルバム
「Las que no iban a salir」をリリースして
そこからの1曲となります。

今年の2月にもアルバム「YHLQMDLG」を
リリースしていたので
ハイペースすぎて正直ビックリしていましたが
今作のはコンピレーションアルバムという
位置づけだそうです。

2020年の2月にリリースの「YHLQMDLG」

IMG_2304

最新アルバム「Las que no iban a salir」は
全10曲収録しており
客演には
Zion
Lennox
Yandel
Don Omar
Nicky Jam
Jhay Cortez
Gabriela
となっています。
ちなみにGabrielaはBabd Bunnyの彼女だそうですw

本楽曲に話を戻しますが
客演には同じくプエリトルコ出身のNicky Jam。
この方生まれがアメリカのマサチューセッツ州なんですよね。
お父さんがプエリトルコ人でお母さんがドミニカ人。
10歳のときにプエリトルコに移住したみたいで
意外にも1990年代後半から2人組で
音楽活動していたそうです。
途中薬物に溺れたりしていたそうですが
キャリアとしてはかなり長いですね。

本楽曲のプロデューサーは
Huztle
Gaby Music
Chris Jeday。
ラテン系のプロデューサーは馴染みがないので
名前聞いていもピンときませんが・・・

この中であげるとしたらChris Jeday。
彼もプエリトルコ出身でプロデューサー
トラックメーカーとして活躍しています。
過去にOzuna,Anuel AAなど大物ラテンアーティストを
手掛けています。

Ozuna feat. Cardi B – La Modelo (2017)

Anuel AA feat. Ozuna – Brindemos (2018)

そんな彼が手掛けた本楽曲ですが
ブログタイトルにもある通り
サンプリングしています。
元ネタはこちら。

Daddy Yankee – Donde Mi No Vengas (2003)

プエリトルコ出身のラテンラッパーDaddy Yankee。
日本でも知名度があって馴染みがある
アーティストですよね。

こちらの楽曲は2003年にリリースされた
コンピレーションアルバム
「Los Homerun-es」 に収録されています。
こちらのアルバムは1990年代から
2003年までの彼のヒット曲が詰め込まれており
Interscorpとレーベル契約する前の楽曲が収録されています。
まだGasolinaがリリースされる前ですね。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
明日も朝7時にブログを更新しますので
また遊びに来てください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました