Nasがグラミー受賞作シリーズ第3弾「King’s Disease III」をドロップ!

2020年代
2020年代N
スポンサーリンク

Nas (ナズ)は、2020年に発表したアルバム「King’s Disease」で自身初のグラミー賞「最優秀ラップアルバム」を受賞し、翌年リリースした続編のアルバム「King’s Disease II」(2021)は2年連続で同部門にノミネートされています。
「King’s Disease」に収録されている「Replace Me」の元ネタはこちら。

また、同年クリスマスにアルバム「Magic」(2021)をサプライズリリースしており、50歳を目前に控え現在も精力的に作品をリリースしています。

そんなニューヨークのベテランが、2022年11月にシリーズ3作目となる「King’s Disease III」をドロップ。

スポンサーリンク

Hit-Boy、ゲストアーティストが参加していないことについて語る

前述のアルバム「Magic」に収録曲「Ugly」Nasは「KD3 on the way, this just to feed the buzz.」とラップしており、エグゼクティブプロデューサーを務めたHit-Boy「Magic」のリリース直後に「King’s Disease III」の制作に着手したことを明かしています。

KD3の話題作りのために、このようなことをしたんだ...
Nas、俺の友人はマニアックなんだ。

それから約1年が経ってリリースされた今作は、全17曲収録し「King’s Disease」から4作連続でHit-Boyがエグゼクティブプロデューサーを務めています。

また「King’s Disease II」では、EminemLauryn HillEPMDCharlie WilsonYGBlxstなどベテランから若手まで多くのゲストが参加しましたが、今作ではゲストが参加しておらず、Nasにとって2002年のコンピレーションアルバム「The Lost Tapes」以来のゲストなしの作品となりました。

これについてHit-Boyは、コンセプト作りの段階から色々と試行錯誤したものの、思うようにいかず、フィーチャリングなしのアルバムになったと語っています。

正直なところ、アルバムを深く制作を始めてから、誰がその一部となるかを考えてコンセプトを練ったんだ。
自分のパソコンに入っている色々なアーティストのフィーチャリングをいくつか聴いて、いろいろ試してみたけど、俺らがソロでやっているようなレベルでは、何もつながりがなかったんだ。
これはNasにとって初めてフィーチャーなしのアルバムだと思うから、それ自体がイルなことなんだ。
スポンサーリンク

「King’s Disease III」トラックリスト

1 Ghetto Reporter
Pro. Hit-Boy

2 Legit
Pro. Hit-Boy

3 Thun
Pro. Hit-Boy

4 Michael & Quincy
Pro. Hit-Boy

5 30
Pro. Hit-Boy

6 Hood2Hood
Pro. Hit-Boy

7 Recession Proof
Pro. Hit-Boy

8 Reminisce
Pro. Hit-Boy

9 Serious Interlude
Pro. Hit-Boy

10 I’m on Fire
Pro. Hit-Boy

11 WTF SMH
Pro. Hit-Boy & Jansport J

12 Once a Man, Twice a Child
Pro. Hit-Boy & Hollis III

13 Get Light
Pro. Hit-Boy

14 First Time
Pro. Hit-Boy

15 Beef
Pro. Hit-Boy

16 Don’t Shoot
Pro. Hit-Boy

17 Til My Last Breath
Pro. Hit-Boy

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました