元ネタ・サンプリング YG – Toxic (2022) メアリー・J. ブライジのあの名曲を大胆にサンプリング!

2020年代
2020年代Y
スポンサーリンク

2020年に発表した5枚目のアルバム「My Life 4Hunnid」が全米チャート4位を記録し、これまでのアルバムが全てチャートのトップ10内にランクインしたYG (ワイジー)

翌年にはMozzyとコラボアルバム「Kommunity Service」(2021)をリリースし、2022年にはJ. ColeMoneybagg Yoがゲスト参加したシングル「Scared Money」(2022)Tyga21 SavageBIAとのシングル「Run」(2022)など、精力的に楽曲をリリースしています。

そんな彼が、大ネタをサンプリングしたシングル「Toxic」(2022)をドロップ。

ここでは、この曲の元ネタについて解説します。

YG – Toxic (2022)

スポンサーリンク

楽曲情報

YG (ワイジー)
出身地 :カリフォルニア州コンプトン
生年月日:1990年3月9日
ジャンル:Hip Hop

レーベル
YG PS
Def Jam

プロデューサー
Reece Beats
Larry Jayy
DJ Swish

元ネタ・サンプリング
Mary J. Blige – Be Happy (1994)
Curtis Mayfield – You’re So Good to Me (1979)
Marvin Gaye – I Want You (1976)

スポンサーリンク

“Toxic” 元ネタ・サンプリング

Mary J. Blige – Be Happy (1994)

元ネタになったのは、ニューヨーク、ヨンカーズ出身のシンガーMary J. Blige (メアリー・J. ブライジ)「Be Happy」(1994)です。

この曲は、彼女のセカンドアルバム「My Life」(1994)に収録され、アルバムはR&B/Hip Hopチャート1位を獲得。

グラミー賞の「最優秀R&Bアルバム」にノミネートされましたが、このアルバムの制作の背景には、当時の恋人K-Ci(Jodeci)との関係だけでなく、ドラッグやアルコール依存症に悩んでいたことを後のインタビューで明かしています。

自分が何をしているのかさえ分からなかったわ。
自分が人を癒しているなんて知らなかった。
自分の考えや頭の中の声を麻痺させるために、ただ酒を飲み、ドラッグをやり、パーティーをやっていたんだ。
当時、私は全く癒されていなかったの。
私は自分を殺していたわ。
ただ生きていて、一日一日を大切に過ごそうと思っていたんです。
スポンサーリンク

“Be Happy” 元ネタ・サンプリング ①

Curtis Mayfield – You’re So Good to Me (1979)

さらに深堀りするとMary J. Blige「Be Happy」は、イリノイ州シカゴ出身のシンガーCurtis Mayfield (カーティス・メイフィールド)「You’re So Good to Me」(1979)をサンプリングしています。

彼のアルバム「Heartbeat」(1979)に収録され、アルバムはR&Bチャート19位を記録し、シングル化されたこの曲は、R&Bチャート46位を記録しています。

スポンサーリンク

“Be Happy” 元ネタ・サンプリング ②

Marvin Gaye – I Want You (1976)

さらにMary J. Blige「Be Happy」は、ワシントンD.C.出身のシンガーMarvin Gaye (マーヴィン・ゲイ)「I Want You」(1976)をサンプリングしています。

この曲は、彼の14枚目のアルバム「I Want You」(1976)に収録され、アルバムはR&Bチャート1位を獲得。

アルバムと同タイトルのこの曲は、シングルカットされており、Soulシングルチャートで1位を獲得し、グラミー賞「最優秀R&B男性ボーカル」にノミネートされています。

また、これまでに50曲以上でサンプリングされており、2022年にKendrick Lamarがリリースしたシングル「The Heart Part 5」でも使用されて話題となりました。

「The Heart Part 5」の記事はこちら。

スポンサーリンク

6枚目のアルバムについてYGが明かす

大ネタをサンプリングしたYGですが、この曲は現在制作中の6枚目のアルバム「Pray for Me」のリードシングルのようで、冒頭で触れたシングル「Scared Money」「Run」もこのアルバムに収録とのことです。

また、その新作に関してYGは、デビューアルバム「My Krazy Life」(2014)やセカンドアルバム「Still Brazy」(2016)と同じアプローチになることも明かしており、彼の中で原点回帰を意味した作品のようです。

このアルバムでは『My Krazy Life』や『Still Brazy』と同じアプローチをしているんだ。
俺はまたあの空間にいるんだ。
自分のものは全部自分でやっている。全部自分のものだと思って動いてる。
俺の時代だ。
悪意はないし、怒りもないし、何も感じない。
忙しくなる時なんだ。

この機会に、元ネタと併せて彼の作品を聴いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました