ヒップホップソウルの女王Mary J. Bligeが放つ、DJ Khaled、Remy Maとのコラボ「Gone Forever」MV公開!

2020年代
2020年代M
スポンサーリンク

「ヒップホップソウルの女王」として広く知られるシンガーMary J. Blige (メアリー・J. ブライジ)が、2024年にDJ Khaled (DJ キャレド)Remy Ma (レミー・マー)とのコラボ曲「Gone Forever」(2022)のMVを公開しました。

Mary J. Blige feat. DJ Khaled & Remy Ma – Gone Forever (2022)

スポンサーリンク

“Gone Forever” 楽曲情報

リリース日
2022年5月6日

レーベル
300 Entertainment
Mary Jane Productions Inc.

プロデューサー
Ben Billions
DJ Khaled
STREETRUNNER
Tarik Azzouz

スポンサーリンク

アルバム「Good Morning Gorgeous」のデラックス盤に収録

2022年2月、Mary J. Bligeは、彼女にとって初となる300 Entertainmentから、5年振りのアルバム「Good Morning Gorgeous」をリリースしました。このアルバムには、DJ KhaledUsherFivio ForeignAnderson .Paakなどがゲスト参加し、全13曲が収録されています。

さらに、このアルバムのリリースから2日後、彼女はスーパーボウルのハーフタイムショーでDr. DreSnoop DoggEminemKendrick Lamarと共演し、世界中のヒップホップファンを魅了しました。

そして、約3ヶ月後の2022年5月には、6曲を追加してFabolousNe-YoJadakissMoneybagg Yoなどが参加したデラックス盤をリリースしました。このアルバムは、グラミー賞で「年間最優秀アルバム賞」を含む6つのノミネートを受け、批評家から高い評価を得ました。

スポンサーリンク

「Gone Forever」の歌詞解説: 失恋と裏切りのテーマ

アルバムの5曲目に収録された「Gone Forever」は、DJ KhaledRemy Maとのコラボレーションで、失恋と裏切りがテーマとなっています。この曲では、相手が再び自分を裏切り、失望させたことに対する怒りや悲しみが歌われ、自分の感情が率直に吐露されています。曲中では、相手が犯した過ちに対する後悔や悔恨も表現されており、失恋の痛みや相手への怒りが、力強いメロディとともに表現されています。
Remy Maが登場する最後のセクションでは、彼女も同様の感情を表現し、自立と誇りを強調しています。

この曲のMVは、Eif Riveraが監督を務め、DJ KhaledCardi B、Pop Smokeなど多くの著名なラッパーのミュージックビデオを手がけたことで知られています。アルバムはRIAAからゴールド認定を受け、MVが公開された2024年1月11日はMary J. Bligeの53歳の誕生日でもありました。

また、2023年11月には、Mary J. BligeがGlamour誌の「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたことも注目され、ここで彼女は自身の変化や成長について語っています。

これは一夜にして成功したわけではないわ。
新しい私、新しいメアリー。努力の賜物よ。
あなたが幸せで、強く、これまでの人生でどれほど苦しんできたか、どれほど地獄をくぐり抜けてきたかを知っていると、過去の残滓に戻るのは簡単よ。
過去の痛みが常にあなたを引き戻そうとするからね。

関連記事はこちら

スポンサーリンク
musicdictionary2021をフォローする




Music Dictionary

コメント

タイトルとURLをコピーしました